予想以上のマイナス思考をする妻・・・

10年ほど前に今の妻と結婚をしました。同じ会社で働く同僚で、妻の方が2年後輩ですが私は大学学部卒、妻は高卒でしたので6歳の年齢差があります。仕事上で妻のいろんな悩みを聞くようになり、プライベートでも会うようになりました。その後数年間の交際を経て、2008年に結婚をしました。

結婚前からある程度雰囲気は感じていましたが、妻はマイナス思考が強い傾向があります。最初にその傾向を感じたのは、会社内での他の社員とのやり取りです。特別厳しいというわけではありませんが、誰にでもある程度厳しい対応をしてくる社員に対して敵対心を抱き、不平不満を私にもらすことが多くありました。

会社だけの付き合いの人にそれほど敵対心やマイナスな考えを持つ必要もなく、その時間とエネルギーがもったいないのであまり気にしないように促したのですが、全く聞く耳持たずといった感じでした。それどころか、同じ会社にいるのに、なぜ助けてくれないのかと私にも不平不満を持つようになりました。それ以外には特に不満はなかったので、流れで結婚をすることにしました。

現在もマイナス思考はそれほど変わっておらず、いろんな場面で不平を感じているようです。最近ではママ友との付き合いで、自分だけ相手にされていないのではないかと怒りをあらわにしているようです。若干以前よりはあきらめの気持ちというか、達観できるようになってきているようですが、いつ怒りを直接相手に向けて関係が悪くなるか、不安に感じることもあります。

妻と結婚して正解だったか失敗だったかと考えると、まだよくわかりませんが、子供に恵まれ一般的なファミリーの生活ができていると思うので、その点では不満を感じることはやめることにしています。

ただ、家庭が安らぎの場所になることはこれからもないと考えています。別に趣味で交友関係があるのでストレス発散はそちらでできているので、全体的に生活上では満足した生活ができています。

これから結婚をする方々には、末永く結婚生活を続けていきたいと考える場合は、ある程度我慢することを覚える必要があると言いたいです。完ぺきな人間なんて世の中にいるものではありません。絶対にいくつかの欠点はあります。

どうしても許せない内容なら離婚を検討することも必要かもしれませんが、許容範囲なら我慢することも必要だと思います。できるなら不満を語り合ってお互い改善していきたいところですが、難しいこともあることを知っておいてほしいです。