定年退職して二人だけの時間が出来て初めて知った趣味嗜好の相違

お互いに地方都市から進学就職で東京に来てたまたま近所に居住していたことから若者の集い等サークル活動を通じて知り合い結婚しました。4人の子供をもうけ私の実家近くに我が家を新築し、私も一生懸命働き、妻も子育てに奮闘してくれ子供たちも全員自立しました。

60歳で定年を迎え65歳まで関連企業で働き65歳でリタイアしました。まだまだ働けるつもりでしたが、妻からストップがかかり在宅となりました。4人の子供がそれぞれ家庭を持ち子供(私たちからすれば孫)が生まれ共働きの世帯で何かあればじじばばの支援を要請してきます。それに対応する為に在宅を余儀なくされました。といっても、年中忙しいわけではなく殆ど二人きりでいます。

働きづめの人生でこんなゆったり過ごした事が無く、掃除をしたり買い物に付き合ったり慣れない料理を作ったり洗い物をしたり、こんな事を言うと世の女性を敵に回しかねませんが、大したことはしていません。

比較的社交的な私は、地域の人たちの交流を大切にしておりますのでまだ救われますが、そうでなかったらボケは必ず襲ってきます。そう実感しました。

そんな時、私と妻の趣味嗜好の違いが歴然としている事に気がつかされました。
日中、二人でいるとテレビをつけます。私はテレビを視聴するという感覚があまりありません。ですから、妻が見ている番組を見るともなく見ています。何を見ていても良し悪しはなく要するに何でもいいんです。

ただ、ある番組を見ている時に他へ突然変えます。見たいものがあるわけではないので、何を見ていてもいいのですが、突然変えるのには閉口しました。そのうち、テレビにあまり関心が無いので、パソコンをしながら音楽を聴いています。

どちらかというとクラシック・ポピュラー系が好きなのでその種の曲をながしています。すると、「ずいぶん高尚ですこと」と皮肉っていきます。ちょこちょこ外出もします。働いているうちはなかなか顔出しできなかった近所の友達のとこに行きます。「行くところがいっぱいあっていいですね!」とあきれています。

家に閉じこもりがちな妻からすれば信じられないといった体です。今ハマっている事があります。浴室の掃除です。毎日1時間くらいかけて外せるもいのは全て外し水けをふき取り床壁天井の乾拭きまでします。毎日です。ホテルの浴室仕様です。一番風呂に入る妻には感謝されるところですが、「そんなにきれいにしなくても大丈夫じゃないの?体が痛くなって寝込んだら私が大変だ」こんな風です。妻は広く浅く、私は狭く深く。

これは趣味嗜好の違いではない。お互いを理解しようという意識の欠如ではないか?それぞれが感謝の気持ちを持って接していれば思いは変わってくる。働いて当たり前、家の事をするのが当たり前。そこから脱却しないとお互いを理解することなどできないと痛感しました。

妻と出会えたことに感謝。自分が仕事を全うできたのも妻がいてくれたおかげ。子供たちが自立し幸せに暮らしているのも育ててくれた妻のおかげ。そう思えば、これからの人生、妻への感謝の思いと共にありたい。勿論、結婚は正解です。

子育てなどの考え方が古風な考えを持ち続ける妻。

馴れ初めは、共通の知人の紹介(保険屋のおばちゃん)です。一年くらいの付き合いで、二人とも30歳に近づいていたので、そろそろと思って結婚に至りました。

結婚2~3年間位はお互い遠慮していたので、考え方はそれ程違いが無いと思っていたのですが、子供ができて家庭も忙しくなってくると、お互い自己主張をし始めて、考え方の違いがだんだん分かってきました。
特に子供の育て方の考えが違います。両方の実家とも上の子は管理して育てて、下の子は放任主義という感じなのですが、私は上の子、妻は下の子なので、お互い自分の育てられ方と違う育て方をしたいと考えており、なかなか話しが噛み合いません。

結局は私が単身赴任がちだったので、妻の考え方の育て方になりましたが、高校生になっても親がいないと何もできない子供になっています。妻はそのうち自分で何でも出来るようになると言っていますが、私は小さい頃から自主性を持っている方が体に染みついて良いと思っています。

管理主義も、犯罪の道に進まないなどのメリットはあり、実際そうなっていますが、男の子なので少し心配です。

あとはお金の管理も考え方が違います。こちらの方は何故か、私は管理主義で、妻は放任主義です。数年前までは順調に給料が上がっていたので、それ程問題にならなかったのですが、会社の収支の悪化で減給、加えて税金・社会保険料の増加などの支出増で、貯金が殆ど出来なくなりました。

来年から二人の子供が大学進学になるので、貯金でしのげるか怪しくなっています。妻はまだ貯金があるので、私が何を言っても生活水準を変えるつもりは無いようです。

あとは、妻の父親が酒を飲まないからか、妻が会社の付き合いでの飲み会を極端に嫌がります。まあ私も酒が弱いので積極的には参加したくないですが、参加すると家庭で肩身が狭いし、欠席すると職場では肩身が狭いので、ストレスを感じます。

じゃあ、離婚した方が良いじゃないかというと、ウチはお互い公務員の家庭で考えが古いため、両家族とも仲睦まじくはないですが我慢して離婚はしていないことから、ウチらもお互い「我慢」と思っているようです。

また、「妻は家庭に残る」古い習慣を信仰しているので、今さら妻の自立は難しく、更に、古い言葉ですが、「子はかすがい」を地に生活を続けているので、お互い子供のために別れることまでは考えていないようです。今の若い世代から見ると、不思議な夫婦に見えるかも知れませんね。

結婚して生活が不自由になったとつくづく実感します。

妻と結婚したキッカケは地元で同じ学校の同級生として交際をしていたのですが、そこから長い付き合いをして結婚しました。結婚した当初は幸せと感じる事が出来ていましたが、半年程度で不満を感じるようになりました。

一番の不満は経済的なものです。私が大黒柱となってお金を稼いでいる訳ですが、妻は時々パート。その割に家事は分担で私は完全な休日がありません。そしてお小遣いが就きに2万円。これでは会社の付き合いだけで消えてしまうものです。

会社の付き合いは断る訳にはいきませんから飲み会などで出費があり、欲しいものが手に入らないと言う状況です。そして自家用車についても腹が立ちます。今までは私の欲しかったセダン車を乗っていたのですが妻はそれを売る提案をして軽自動車に変えたいと言いました。

反論すると、大激怒で落ち着くまでとても大変な思いをしました。そのため、独身時代に貯金して購入したセダン車は売られて維持費の安い軽自動車へ。これなら妻も運転できると言う理由もあり乗り換えをする事になりました。

私が購入した車まで売られるとは非常に腹が立つものです。勿論、このストレス状態を改善したいと気持ちを伝えた事もありますが、嫁は結婚してからヒステリックな性格になったのかすぐに気に喰わない事があると怒るようになり気持ちを伝えても無駄と分かりました。

そのため、今では思っている事も伝える事なく友人や同僚に愚痴を言うばかりの生活になりました。私が悪い事や関係の無い事でも怒られる事は多々ありますが、全て聞き流すように今ではなりました。正直、付き合っていた頃の気持ちは冷めています。

この結婚は失敗だったと非常に後悔しています。機会があれば離婚しても良いと考えるくらいに生活が不自由で仕方がありません。

これから結婚を考えている方は、まずは相手をよく知っておく事が大切です。そのための方法としては時間は掛かるものですが同棲をして共同生活を送ってみる事が良いと思います。それならば金銭感覚も把握する事が出来ます。

そして結婚生活の模擬練習として毎日の生活を送る事が出来ます。相手のプライベートな部分を知らないのに結婚をするなんて事は決してしない方が良いと思います。価値観は人によって異なるものではありますが、出来るだけ自分の価値観に近い方を結婚相手として迎える事が大切だと本当に思えました。後悔しないためにも同棲は絶対にしておくべきだと思います。

結婚生活は波乱万丈です。

在の妻と結婚した馴れ初めは、元々バイト先で知り合った妻と付き合い出し、私自身が大学を卒業すると同時に、私は就職せずにフリーターになったのですが、妻はその当時から高卒で正社員として働いていた事もあり、私の大学の卒業と同時に同棲する事になりました。

同棲して、妻の本性が分かり、自分と合わなかったら別れようという気持ちで同棲したのですが、特に不満を持つ事なく、同棲生活が上手くいっていたという事もあり、結婚する事に決めました。

妻の態度が変わってきたのは、やはり子どもが出来てからです。どうしても育児に追われ、その上仕事をし出して、育児と仕事の両輪になってからは、より今までの妻の性格とは違うものになっていきました。

直ぐにイライラするようにもなりましたし、私の収入の低さを罵り、そのせいで育児と仕事の両輪をしないといけない事の不満を、毎日のように私にぶつけ、挙げ句の果てには、小遣いも1ヶ月1万円という内容にまでなってしまいました。

さらに私を苦しめたのが、私自身昔からの友人と外食や飲みに出かけるのが大好きな性格なので、毎月最低4回程は、外食したいと思っているのにも関わらず、1ヶ月1回しか、友人とは外食や飲みに行ってはいけないとルールを決められ、本当にストレスが続く毎日を送っていました。

とにかく、小遣いの少なさと、友人と飲みに行くことが、1ヶ月に1回しか出来ないのだけは耐えられなかった為、金銭管理をきちんと私自身がするという条件で、家庭の金銭管理を全て私が出来るようになり、そのおかげで、どうしても付き合いが多くてお金が必要な時は、小遣いよりも多くのお金を使えるように仕組み作りをする事が出来ました。

さらに、1ヶ月に1回だった友人との外食や飲み会も、家の家事を手伝ったり、妻の仕事中に会うというように工夫する事で、以前と同じくらい友人と会う事が出来るようになりました。

妻との夜の営みは、今は1ヶ月に1回ぐらいですが、それでもセックスレスにはなっていません。包茎も直しましたし→東京ノーストクリニック!普段頑張ってくれている妻の為に、1ヶ月に1回は、妻と2人で、子どもは預けて、デートするようにもしています。今振り返って妻と結婚して本当に良かったと思っています。確かに不満だらけになる事もありますが、その不満を様々な工夫をして解消する事で、ワンランク上に、自分が成長出来ていると実感する事が多々あります。

これから結婚する男性にアドバイスするとしたら、こうしかダメという枠を作らずに、常に柔軟にゆとりを持って、まるで水のように変幻自在に考え方を変える事が出来れば、意外と結婚生活も悪くないと思えますよと、アドバイスしたいと思います。

予想以上のマイナス思考をする妻・・・

10年ほど前に今の妻と結婚をしました。同じ会社で働く同僚で、妻の方が2年後輩ですが私は大学学部卒、妻は高卒でしたので6歳の年齢差があります。仕事上で妻のいろんな悩みを聞くようになり、プライベートでも会うようになりました。その後数年間の交際を経て、2008年に結婚をしました。

結婚前からある程度雰囲気は感じていましたが、妻はマイナス思考が強い傾向があります。最初にその傾向を感じたのは、会社内での他の社員とのやり取りです。特別厳しいというわけではありませんが、誰にでもある程度厳しい対応をしてくる社員に対して敵対心を抱き、不平不満を私にもらすことが多くありました。

会社だけの付き合いの人にそれほど敵対心やマイナスな考えを持つ必要もなく、その時間とエネルギーがもったいないのであまり気にしないように促したのですが、全く聞く耳持たずといった感じでした。それどころか、同じ会社にいるのに、なぜ助けてくれないのかと私にも不平不満を持つようになりました。それ以外には特に不満はなかったので、流れで結婚をすることにしました。

現在もマイナス思考はそれほど変わっておらず、いろんな場面で不平を感じているようです。最近ではママ友との付き合いで、自分だけ相手にされていないのではないかと怒りをあらわにしているようです。若干以前よりはあきらめの気持ちというか、達観できるようになってきているようですが、いつ怒りを直接相手に向けて関係が悪くなるか、不安に感じることもあります。

妻と結婚して正解だったか失敗だったかと考えると、まだよくわかりませんが、子供に恵まれ一般的なファミリーの生活ができていると思うので、その点では不満を感じることはやめることにしています。

ただ、家庭が安らぎの場所になることはこれからもないと考えています。別に趣味で交友関係があるのでストレス発散はそちらでできているので、全体的に生活上では満足した生活ができています。

これから結婚をする方々には、末永く結婚生活を続けていきたいと考える場合は、ある程度我慢することを覚える必要があると言いたいです。完ぺきな人間なんて世の中にいるものではありません。絶対にいくつかの欠点はあります。

どうしても許せない内容なら離婚を検討することも必要かもしれませんが、許容範囲なら我慢することも必要だと思います。できるなら不満を語り合ってお互い改善していきたいところですが、難しいこともあることを知っておいてほしいです。